スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ラーワルピンディでロザ
アッサラームアライクン

ラワールピンディで一週間すごして、申請しておいたインドビザ、本日発給され無事GET!!

しかし半年のマルチプルでの申請はあえなく半年ダブルでの発給でした。

パッカーのみなさん、パキのインド大使館は相変わらずケチです。

でもマエは3300RSだったけどいまは1100RSで発給してくれます。

これでピンディからやっとこさ脱出できるぜー。(長かったぁ〜)

早朝に街中に鳴り響く爆音のアザーンをもう聞かなくていいのね。(うるせー)

毎日の計画停電7回ももう体験しなくていいのね。(一国の首都が停電て。しかも毎日7回やぞ)



しかも今日から一ヶ月間ムスリムはロザ(断食)に入りました。

近くの食堂がぜぜぜぜ全部閉まってるっ!!

日が沈み19時40分のアザーンが流れるまでこれから食堂は開きません……、てことはメシが喰えない……オレみたいな異教徒でも……。
そんなの付き合ってられっかーっ!
日中灼熱の中を腹ペコでフッラフラで街歩いたけどアブナイアブナイ!

そしてこちらがさっき初日のファーストロザ明けの瞬間。みなさん飯の前でいまかいまかと待ち構えています。(左手前の方、限界です)



コレは絶対明日パキ脱出やな。

いやぁしかしピンディは街自体そんなに見るところはなかったがケッサルという馬鹿で馬鹿で馬鹿で馬鹿で馬鹿で馬鹿で馬と鹿で馬と鹿で馬と鹿で馬となにかを足したようなファンキーなパキ人はオモロかった。



そしてそのケッサルとひと絡みしてみた。



明日はいよいよアジアきっての糞ドープワールド、そうINDIAに突撃っ!!
| パキスタン | 17:00 | comments(2) | - |
桃源郷フンザ
ついに到着!桃源郷フンザ!景色にブッ飛べ!

日記はコチラ→http://nines.jp/djdignify/
| パキスタン | 01:42 | comments(0) | - |
7thステージ!パキスタン
アッサラームアライクン!


※ここが世界最高峰の国境4700メートル地点にあるゼロポイントといわれるフンジャラーブ峠(カラコルムハイウェイ)ここではいっきに気温は下がり真夏から真冬へ!

盗難事件後、警察署でポリスレポートを作成してもらいにいったオレ様は、意地でも彼らを捕まえたいと思い、デジカメに残っていた彼らの写真を見せ、必死に訴えたが、証拠不十分なため彼らを見つけ捕まえうことはできないとポリスマンたちに言われる。
とりあえずあのときの国境動画を編集し、作成してみた。
この動画を見てもわかるとおり、やは〜り荷台にいるヤツの動きはかなりアヤシイ。


かといってオレ様はパキを嫌いになるわけでもなく、むしろパキはけっこう好きな国になった。
何故かというとムスリム(イスラム)の人々は旅人には優しく歓迎の態度で接するというイスラムの教えがあるため街中ではめっちゃめちゃ親切に接っしてくれる。
イスラムといえば日本では過激なイメージが離れないが、あれは一部の過激派であって
ごく一般の人たちはとても優しい。
今回の旅の中で一番親切な国なんじゃないかと思う。
いまはタイムリーにアフガンでの日本人殺傷事件もあるから、こんなこと言うのもどうか迷ったが、みなさんにイスラム国家の間違った認識をしてほしくないから言わせてもらった。
イスラムは真面目で明るくすばらしい文化を持つ人々だと今は毎日肌で感じている日々でございます。



| パキスタン | 16:25 | comments(4) | - |
お知らせ
カシュガルから東トルキスタン最西端の街タシュクルガンを経て、パキスタンに入った。

タシュクルガン(東トルキスタン)とススト(パキ)の国境ではアライバルビザが取得可能!しかも日本人は1〜4ドルです。(オレはタダだった。)

国境は4700メートルという世界最高峰の国境らしく、いっきに酸素も気温も急降下。キツイっす。

国境を越えスストに夕刻に到着。

その日はバスはもう終わっていて、あこがれの桃源郷フンザには翌日になると思った‥‥が、しかし、パキの若者5人の車にこれまたタダで乗せてもらい無事その日にフンザについた。

宿にバックパックをおろし、とりあえず夕飯にありついた。

その宿にいて、さっそく仲良くなった日本人パッカーに8月の頭に皆既日食を東トルキスタンで見たことを話すと、是非動画を見せてくれと言われて、バックパックの中のpcをとりだそうとした。

‥‥‥ない。

‥‥‥‥‥‥‥あれ?

オレのpcがない‥‥。

どんなにバックパックをまさぐってもpcが見当たらない。

そしてその周辺機器もない。

‥‥。

‥‥‥ヤラレタ。


スストからここフンザまでくる若者の車でくるときにバックパックは車の後ろの荷台に積んだ。しかもその荷台には車内に入れきれなかった若者が一人毛布に包まって乗っていた。

‥‥‥‥‥あいつだ。

フンザについたときに感謝の気持ちと嬉しさで彼らと写真を撮るときもそいつは一回オレの撮影の拒否をした。


あいつだけ妙にクールだった。

今回この旅の楽しみのひとつとして友達や応援してくれてるみなさん、日本はたまた世界中の人たちに辺境の地やアジアでのバカレポ−トを動画で配信してきた。

今回の4700メートル国境越え動画もかなりイイ感じにとれていた。

アクセスも伸びてきた、確実に友達以外の人たちも見ていると実感した。

このブログ作業に旅の4割ぐらいをシメて楽しんでいる自分もいた。

日本に帰ったら見てくれた人たちを集めて呑み会を開こうとも計画もしていた。どれぐらい人が集まるか楽しみだった‥。

このブログは100%動画配信がウリである。

旅をしながら写真を載せるバックパッカーはたくさんいる。

そこに差をつけたかった‥‥。

いまは正直ショックの色が隠せない。

ひとりの盗人によって旅の楽しみはかなりガタ落ちだ。

それぐらいみなさんに見てもらうことがオレは心から嬉しくてしかたがなかった。

旅は続けられるし、海外旅行保険にも入っているからある程度は金も戻ってくる。

しかし、中の思い出としてのお気に入りの写真などのデータや動画配信はもうできない。

ブログに普通に文章や写真を載せるのは正直つまらない‥‥。

とりあずいまから警察署にいって盗難届けを出してもらいにいく。

fuck
| パキスタン | 14:19 | comments(4) | - |
| 1/1PAGES |